企業としての認定


 <健康経営優良法人2021> 

「健康経営優良法人2021」とは、経済産業省が健康経営(従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、実践すること)に戦力的に取り組む法人を顕彰しているものです。その中でも複数の厳しい認定基準を満たした全国の500社で構成される「中小企業部門(ブライト500)」として認定を受けました。


 <地域未来牽引企業> 

「地域未来牽引企業」は、地域の特性や強みを生かして高い付加価値を創り出し、それぞれの地域に経済効果を及ぼすような、地域経済をリードする中核企業を指します。地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれる企業を、データベースの指標、自治体や商工団体や金融機関等の関係者からの推薦といった方法により、経済産業省から認定されました。


 <ブライト企業> 

「ブライト企業」とは熊本県が平成27年から立ち上げた独自のもので、「従業員とその家族の満足度が高い」「地域の雇用を大切にしている」「地域社会・地域経済への貢献度が高い」「安定した経営を行っている」の4つを基本要件として、現在問題となっているブラック企業とは対照的な、働く人がいきいきと輝き、安心して働き続けられる企業を認定するものです。コールセンターを有する県内通販企業としては1社目の認定となりました。


 <熊本県女性の社会参画加速化宣言企業> 

「女性の社会参画加速化宣言企業」とは、誰もが個性と能力をいかんなく発揮できる社会づくりを進めるために、女性が働きやすい環境の整備や、女性の登用に向けた目標などを設定することを進める熊本県の認定制度です。杉養蜂園では全従業員の約8割が女性ですので、産前産後休暇や育児に伴う時短勤務など、入社歴や役職に関係なく取得を推進しています。


 <よかボス企業> 

「よかボス」とは、自らの仕事と生活の充実に取組むとともに、一緒に働く従業員の仕事と生活の充実を応援するボス(企業の代表者)のことです。ちなみに「よか」は熊本弁で「良い」の意味です。この「よかボス」を熊本県内全体に増やして、より働きやすく働きがいがある企業の実現を目指し、熊本一丸となって県民の総幸福量の最大化を目指す取組みが、「よかボス企業」です。

PAGE TOP