毎年恒例の植樹を

今年も杉養蜂園が毎年取り組んでいる植樹活動を行いました。

二日間をかけ合計150本ほどのヤマハゼとシマトネリコを熊本県内の山林に植樹しました。

どちらもミツバチたちの蜜源となる広葉樹で、ミツバチに優しい環境を整えることは、持続可能な地球環境の保全につながります。

杉養蜂園は今後もSDGsの達成すべき17の目標に取り組み、養蜂業を通じて社会へと貢献してまいります。

 

<杉養蜂園公式アカウント>
Twitter・Facebook・LINE・YouTubeにて情報発信中!
「杉養蜂園」でご検索ください。

PAGE TOP